スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「関西陳情団」なのです

本当は、あまりご大層な名前は付けたくなったのですが、実際に議員に陳情に行く場合を考えて「表現規制を考える関西の会」としました。ですが、内実は「関西陳情団」です。
ですので、ブログで啓蒙活動を行うつもりは一切ありません。
議員の先生にお話を聞いてもらいにいくときに、一個人で行くよりもグループであることが有利(場合によってはグループでないと陳情を受け付けてもらえない)ということなので、便宜上作っただけです。
それと、行動したい気持ちはあるけどやり方がわからない、一人では不安という人もいるので、そういう人が踏み出せるようにできればいいなと思っています。

嬉しいことに、既に20人近い方に登録していただいています。男女数も半々に近くとてもいいバランスかと。
(登録完了の返信は16日までには済ませたいと思っています。遅れていて申し訳ありません)
陳情に行くときには、ブログかもしくは個々にメールでおしらせさせていただくつもりです。
また、有害図書の審議会や府県議会の傍聴なども声かけあって行ければいいなと。(東京都と違って、大阪府も京都府も審議会の議事録の発言者名が削られる、発言が塗りつぶされるなどのことが当たり前のように行われています。地元民が直接傍聴してチェックする必要があると感じております)
とはいえ、「やれる範囲で」「無理せず適当に」が大事だと思っています。
陳情に直接行くことができなくても、気にすることはまったくありません。
表現規制に反対するために陳情に行こうという主旨に賛同して登録してもらうことで充分ありがたいです。
たぶん私もえらそーに言うほどあれこれ動けないと思います。
ないよりあった方がいいかな、くらいのゆるーい陳情団でいければと。
よろしくお願いいたします。
(文責:義月粧子)

補足
「○○さんに入会を呼びかけては…」という内容のメールをいただいたのですが、私の方から誰かにお願いすることは一切しておりません。
政治的なことですし、立場上断りにくい方もいらっしゃるでしょう。
あくまでも自主的に登録していただいた方のみで作っていこうと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

表現規制を考える関西の会

Author:表現規制を考える関西の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。